沿 革


2016.11 INLA第22回本大会(インド・ニューデリー)に参加。
「福島事故による原子力損害の補償における日本の経験」,「日本における電離放射線からの患者の防護」,「日本のCSC締結とその国内実施」および「日本における原子力規制組織の変遷」と題して報告。
2016. 8〜 9 OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2016セッション(フランス・モンペリエ)に参加。
2016. 2 研究所を五反田TGビルに移転。
2015. 9 INLA第14回ドイツ支部大会(ニュルンベルク)に参加。
2015. 8〜 9 OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2015セッション(フランス・モンペリエ)に参加。
2014.10〜11 フランス原子力法研究会第5回大会(フランス・ニーム)に参加。
2014.10 INLA第21回本大会(アルゼンチン・ブエノスアイレス)に参加。
「ポスト福島における日本の原子力安全規制および原子力賠償制度の動向について」と題して報告。
2014. 8〜 9 OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2014セッション(フランス・モンペリエ)に参加。
2014. 4 野村 豊弘 理事長就任。
2013. 8〜 9 OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2013セッション(フランス・モンペリエ)に参加。
2013. 6 INLA第13回ドイツ支部大会(ライプチヒ)に参加。
2012.10 INLA第20回本大会(イギリス・マンチェスター)に参加。
「日本の原子力損害賠償法制度と福島事故以降の展開」および「日本の原子力安全規制機関の改革」と題して報告。
2012. 8〜 9 OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2012セッション(フランス・モンペリエ)に参加。・・・・街の風景校舎
2011.10 LAWASIA第24回大会(韓国・ソウル)に参加。
2011. 8〜 9 OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2011セッション(フランス・モンペリエ)に参加。
2011. 4 谷川久(成蹊大学名誉教授)理事長就任。
2010. 8〜 9 OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2010セッション(フランス・モンペリエ)に参加。
2009.10 INLA第19回本大会(カナダ・トロント)に参加。
「日本の原子力損害賠償法の改正について」および「日本における核物質防護に関する法整備の現状について」と題して報告。
2009. 8〜 9 OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2009セッション(フランス・モンペリエ)に参加。
2009. 6〜 7 INLA第12回ドイツ支部大会(ドイツ・ベルリン)に参加。
2008. 9 欧州のエネルギー法制調査(ドイツ)

2007.10

INLA第18回本大会(ベルギー・ブリュッセル)に参加。
「日本における放射性廃棄物処分場に関する制度の現状について」および「核燃料物質国際輸送に関する日本の原子力賠償責任について」と題して報告。

2007. 8〜 9

OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2007セッション(フランス・モンペリエ)に参加。

2006.11

INLA第11回ドイツ支部大会(ゴスラー)に参加。
「国際原子力損害賠償条約への加入についての日本の立場」と題して報告。

2005.10

INLA第17回本大会(スロベニア・ポルトローシュ)に参加。
「日本におけるより有効かつ実現可能な原子力損害賠償法制度のあり方について」および「日本における新たな原子力発電所の廃止措置制度」と題して報告。

2005. 8〜 9

OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2005セッション(フランス・モンペリエ)に参加。

2004. 9

INLA第10回ドイツ支部大会(ツェレ)に参加。
「日本における使用済燃料及び放射性廃棄物の管理等に関する法規制」と題して報告。

2004. 8〜 9

OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2004セッション(フランス・モンペリエ)に参加。

2003. 9

欧州諸国の風力発電(デンマーク,ドイツ)および高レベル放射性廃棄物の最終処分(フィンランド)に関する法制について調査。

2003. 9

LAWASIA第18回大会(東京)に参加。
「RPS制度の概要について」と題して報告。

2003. 8〜 9

OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2003セッション(フランス・モンペリエ)に参加。

2002. 9

INLA第9回ドイツ支部大会(ヴィースバーデン)に参加。
「原子力施設のセキュリティーとエネルギーセキュリティーに関する日本の現状について」と題して報告

2002. 5

創立20周年記念式典を開催。

2001.12

ホームページ開設。

2001. 8〜 9

OECD/NEAの主催による国際原子力法スクール2001セッション(フランス・モンペリエ)に参加。

2001. 6

INLA第15回本大会(ハンガリー・ブダペスト)に参加。
「JCO事故の概要とその後の対応〜安全規制を主眼として」および「日本におけるHLW(高レベル放射性廃棄物)最終処分法の成立について」と題して報告。

2001. 5

LAWASIA第10回エネルギー法国際会議(中国・西安)に参加。
「日本における原子力法の現状と発展」と題して報告。

2000.12

INLA第8回ドイツ支部大会(ポツダム)に参加。
「日本における新たな高レベル放射性廃棄物最終処分法」と題して報告。

1999.10

INLA第14回本大会(アメリカ・ワシントンD.C.)に参加。
「日本における高レベル放射性廃棄物処分の現状について」と題して報告。

1999. 9

LAWASIA第16回大会(韓国・ソウル)に参加。
「日本の原子力発電の現状」と題して報告。

1999. 5〜 6

OECD/NEAの主催による国際シンポジウム(ハンガリー・ブダペスト)に参加。
「日本における原子力損害賠償法の改正」と題して報告。

1999. 4

成田頼明(横浜国立大学名誉教授)理事長就任。

1998. 9

INLA第7回ドイツ支部大会(バーデンバーデン)に参加。

1997.10

創立15周年記念式典を開催。

1997. 9

INLA第13回本大会(フランス・トゥール)に参加。
「原子力発電所立地政策と住民投票との法的諸問題に関する検討−巻町の住民投票の結果をふまえて」と題して報告。

1997. 8

LAWASIA第15回大会(フィリピン・マニラ)に参加。
「日本における発電事業の自由化」と題して報告。

1996. 9

INLA第6回ドイツ支部大会(マイセン)に参加。

1996. 3

IBA第12回セミナー(チェコ・プラハ)に参加。

1995. 9

INLA第12回大会(フィンランド・ヘルシンキ)に参加。
「日本における原子力法と長期計画」と題して報告。

1995. 8

LAWASIA第14回大会(中国・北京)に参加。
「日本の原子力の利用政策」と題して報告。

1994. 4

IBA第11回セミナー(スペイン・バルセロナ)に参加。

1994. 4

研究所を田中山ビルに移転。

1993. 9

INLA第11回本大会(ブラジル・リオデジャネイロ)およびアジア・太平洋法律協会(LAWASIA)第13回大会(スリランカ・コロンボ)に参加。
INLA本大会では,「日本における核燃料サイクル施設の建設に係る手続」と題して報告。

1992. 8〜 9

IAEAおよびOECD/NEAの共催による国際シンポジウムに参加。
「ウィーン条約改正−その手続法的側面」と題して報告

1992. 5

創立10周年記念式典を開催。

1992. 4

アメリカ国際法学会第86回年次大会およびIBA第10回セミナー(いずれもワシントンD.C.)に参加。

1991.12

池原季雄(東京大学名誉教授)理事長就任。

1991. 9

INLA第10回本大会(オーストラリア・バース)に参加。
「日本における高レベル放射性廃棄物処分に関する法的問題」と題して報告。

1990. 4

IBA第9回セミナー(オランダ・ライデン)に参加。

1989.11

山内一夫(学習院大学名誉教授)理事長就任。

1989. 9

谷川久理事を組織委員長としてINLA第9回本大会(東京)を開催し,当研究所が事務局を担当。
「日本における低レベル放射性固体廃棄物の埋設に関する法規制」と題して報告。

1989. 5

IBAアカデミック・アドバイザリー・グループの会議(カナダ・オタワ)に参加。

1988.11

INLA第5部会ミーティング(オーストリア・ウィーン)に参加。

1988.10〜11

米国エネルギー啓発協議会の主催による1988年原子力フォーラムおよび米・欧州両原子力学会による共同国際会議(いずれもワシントンD.C.)に参加。

1988. 3

ヨーロッパにおける高レベル放射性廃棄物の処分に係る法制度・資金確保制度に関して調査。

1987. 9

IBA第8回ビジネス法部会(イギリス・ロンドン)およびINLA第8回本大会(ベルギー・アントワープ)に参加。
INLA本大会では,「日本における放射性廃棄物法制について」と題して報告。

1987. 2〜 3

スウェーデン・西ドイツ・スイス・フランス・イギリス・アメリカ・カナダを対象とした高レベル放射性廃棄物処分の法制度,資金制度に関して調査。

1986. 9

IBA第21回総会(アメリカ・ニューヨーク)に参加。
「日本における公益事業規制の現状と規制緩和・民営化の動向:電気通信,鉄道,電力」と題して報告。

1986. 2

IBA第7回エネルギー法セミナー(旧西ドイツ・ミュンヘン)に参加。
「日本における原子力訴訟」と題して報告。

1985. 9〜10

INLA第7回本大会(旧西ドイツ・コンスタンツ)に参加。

1985. 5〜 6

アメリカ・カナダを対象とした放射性廃棄物法制に関して調査。

1985. 2

西ドイツ・フランス・スウェーデンを対象とした放射性廃棄物法制に関して調査。

1984.12

タイ国学術評議会および日本学術振興会の共催による環境保護と環境法に関するセミナー(タイ・バンコク)に参加。
「発電所立地手続と環境影響評価」と題して報告。

1984.10

金澤良雄(成蹊大学名誉教授)理事長就任。

1984. 9

国際原子力機関(IAEA)および経済協力開発機構・原子力機関(OECD/NEA)の共催による原子力第三者責任・保険に関するシンポジウム(旧西ドイツ・ミュンヘン)に参加。

1984. 2

IBA第6回エネルギー法セミナー(アメリカ・ヒューストン)に参加。
「日本における原子力安全協定について」,「石炭採掘に起因する地盤沈下の民事責任と復旧制度」および「日本における原子力施設に関する事故」と題して報告。

1983. 9

国際原子力法学会(INLA)第6回本大会(アメリカ・サンフランシスコ)に参加

1983. 7〜 8

LAWASIA第2回エネルギー法委員会(シンガポール)に参加。

1983. 3

IBA第3回環境法セミナーおよびLAWASIA第1回エネルギー法委員会 (いずれもシンガポール)に参加。

1983. 3

第2回日独原子力法シンポジウム(ミュンスター)に参加。

1982. 2

国際法曹協会(IBA)およびアジア・西太平洋法律協会(LAWASIA)の共催によるアジア・西太平洋地域におけるエネルギー法セミナー(シンガポール)に参加。
「日本における地熱エネルギー」と題して報告。

1981.12

田中二郎(東京大学名誉教授)理事長就任

1981.10

設立。


    All Rights Reserved.Copyright(c)2001.JAPAN ENERGY LAW INSTITUTE